ゲンのエサ

ゲンゴロウにもいろんな種類がいます。その幼虫たちは、種類が違えば姿かたちや住んでいる環境までさまざまで、それぞれエサの好みも異なります。 成長して大きくなるにつけ、捕らえるエサが変わってくることもあります。
しかし、あまり詳しいことは分かっていません。

ここで紹介されているエサは、ゲンゴロウを愛好するみなさん自身によってつくられます。
今日のゲンゴラーが明日のゲンゴラーへ託す、止水性水生昆虫の幼虫専用の、エサに関するナレッジベースです。 初回ご利用時は必ずはじめにをお読みくださいますよう、お願いいたします。

[<]  [1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11]  [12]  [13]  [14]  [15]  [16]  [17]  [18]  [19]  [20]  [21]  [22]  [23]  [24]  [25]  [26]  [27]  [28]  [>] 
 
No.30
通称:
アメリカザリガニ
正式名称:
 
最適なゲンゴロウ:

ゲンゴロウ属
ゲンゴロウ 
2齢後期~3齢
コガムシ属
エゾコガムシ 
3齢
適したゲンゴロウ:

適さないゲンゴロウ:

そーるわん(2009/05/04 23:51:36) <とし   
アメリカザリガニ
そーるわん(2009/05/04 23:50:21)  

 

概要:
ウシガエルの餌として、アメリカより輸入され、それが全国に広まったと言われている。
ゲンゴロウが繁殖し始める5月頃には、繁殖期に入りさまざまな大きさの個体を入手しやすく、ゲンゴロウ3齢では5㎝位の個体でも使用可能である。両腕のハサミを取り除いてから与えれば、他のエビと同様に与えることができる。
 
とし(2008/10/29 22:37:12)  
飼育・繁殖・保管方法:
自然下(主に止水域)
 
自然下(主に流水域)
 
入手場所:

とし(2008/10/29 22:37:59)  
コメント: 1/1
新規でコメント
コメントNo.9
タイトル: 手に入れやすい餌
ハンドルネーム: しん(2008/11/23 21:21:24)
個人的な感想としてはエビより使い勝手のよい印象を受けました。
サイズは1,2センチほどが手ごろでよいと思いました。(クロゲン、コガタノ、トビイロ)
水の汚染がやや早めなので食べカスはすぐに取り除きます。幼虫の成長速度はヤゴをあげたときよりは劣る印象を受けました。
大きめのザリガニは必ず腕をもいで与えています。よい場所ではガサガサで大量入手できます。試す価値ありかと。
このコメントにレス
注目タグを貼る
非表示タグを貼る

上に戻る
 
 
[<]  [1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11]  [12]  [13]  [14]  [15]  [16]  [17]  [18]  [19]  [20]  [21]  [22]  [23]  [24]  [25]  [26]  [27]  [28]  [>] 
total access:  123054 Hit
 
 
 
    
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ゲンのエサメニュー
―使い方―
はじめに
通常版・練習版
―表示モード―
投稿・ 閲覧
―表示サイズ―
・ 中・
―並び順―
注目タグ新着・ 50音・ みんなの注目タグ
―エサ表示数―
エサごと・ 51020
―表示レベル―
簡略・ 標準・ 詳細
  ―BAIT INDEX―

おたま

アカムシ

アブラムシ

アメリカザリガニ

イトメ

カゲロウ

カワゲラ

ガガンボ

サシ

スジエビ

フウセンムシ

ブドウムシ

ブラシュリ

ミジンコ

ミズムシ

ミルワーム

メダカ

ヤゴ

ヤナギムシ

ヨコエビ

ワラジムシ

二枚貝

冷凍アカムシ

冷凍ミジンコ

同じ穴の狢(むじな)

小赤

巻貝(大)

巻貝(小)

  バックリンクロゴ

トピックリンクロゴ
 
 
 
 
 
 
 
recommendation

Valid HTML 4.01 Transitional

開設マークロゴ