ゲンのエサ

ゲンゴロウにもいろんな種類がいます。その幼虫たちは、種類が違えば姿かたちや住んでいる環境までさまざまで、それぞれエサの好みも異なります。 成長して大きくなるにつけ、捕らえるエサが変わってくることもあります。
しかし、あまり詳しいことは分かっていません。

ここで紹介されているエサは、ゲンゴロウを愛好するみなさん自身によってつくられます。
今日のゲンゴラーが明日のゲンゴラーへ託す、止水性水生昆虫の幼虫専用の、エサに関するナレッジベースです。 初回ご利用時は必ずはじめにをお読みくださいますよう、お願いいたします。

[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [>] 
 
No.4
通称:
アカムシ
正式名称:
 
最適なゲンゴロウ:

ゲンゴロウ属
ゲンゴロウ 
1齢~2齢初期
適したゲンゴロウ:

ゲンゴロウ属
クロゲンゴロウ 
全齢
適さないゲンゴロウ:

そーるわん(2008/09/27 22:38:07)    
アカムシ
そーるわん(2008/09/27 22:38:27)  

 

概要:
ユスリカの幼生。体液が赤いので初齢に与えると、どうやって吸汁していくかがよく観察できます。

これも、特に市販されているものは気をつけた方がよいです。よく、蛹化抑制剤がはいっているためだとも言われますし、この種のアカムシの過酷な生息環境による副次的な汚染とも聞き及んだりもしますが、どれも確定的ではなく、推測の域を出ません。まったく別の理由かもしれません。
ひょっとしたらメデューサの髪の毛のヘビが往生の間際に舌を切り捨て、それがアカムシになったというような、神話的呪縛のなせる業かもしれません。

ただ確実なのは、毎年毎年あちらこちらでアカムシによる失敗談が聞こえるということです。ときに羽化不全でせっかく上陸までこぎつけた幼虫を全滅させてしまうこともあります。

でも食いはものすごくよいので、安全なものを補助的に与えるならバッチリです。その意味でいえば天然物はたしかに安全なのでしょうけども、種類がまた違うのか、細いし小さいし、数を確保するのも大変だし、すぐゴミを集めて身を隠してしまうので、なかなか難しいところです。
 
そーるわん(2008/09/27 22:38:57)  
飼育・繁殖・保管方法:
自然下(主に止水域)
 
店舗(ペットショップ、熱帯魚店)
 
入手場所:

そーるわん(2008/09/27 22:41:43)  
コメント: 1/1
新規でコメント
コメントNo.11
タイトル: アカムシ分離について
ハンドルネーム: しん(2008/11/23 21:41:19)
大型ゲンの1令の餌としてかなり扱いやすい餌です。秋に外に水槽をほかっておくと春になると沸いていたりします。1令の最初の段階に与えると餌をたべているのがわかるのでとてもうれしい気分になります。しかしワカサギの餌としてうられているものは評判がよくないので使用しないほうがよいです。
私はアカムシを採集してから分離する場合ザルとたらいのようなものを用意します。

\ ザル /
| \__/ |←たらい
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
みたいなかんじでザルにアカムシ入りの泥やら葉っぱやらを適度に入れてたらいにしずかに水をいれて放置します。するとたらいにいっぱいでます。お試しください。
このコメントにレス
注目タグを貼る
非表示タグを貼る

注目8ポイント
注目2ポイント
上に戻る
 
 
 
No.1
通称:
ミズムシ
正式名称:
ミズムシ 
ゲンゴロウ属
クロゲンゴロウ 
1~2齢
ゲンゴロウ属
コガタノゲンゴロウ 
1~2齢
ゲンゴロウ属
シャープゲンゴロウモドキ 
1~2齢
ゲンゴロウ属
トビイロゲンゴロウ 
1~2齢
ゲンゴロウ属
マルコガタノゲンゴロウ 
1~2齢
ゲンゴロウ属
ゲンゴロウ 
1齢~2齢初期
シマゲンゴロウ属
オオイチモンジシマゲンゴロウ 
2~3齢
シマゲンゴロウ属
オキナワスジゲンゴロウ 
2~3齢
シマゲンゴロウ属
シマゲンゴロウ 
2~3齢
最適なゲンゴロウ:

ゲンゴロウ属
クロゲンゴロウ 
3齢
ゲンゴロウ属
コガタノゲンゴロウ 
3齢
ゲンゴロウ属
トビイロゲンゴロウ 
3齢
ゲンゴロウ属
マルコガタノゲンゴロウ 
3齢
ゲンゴロウ属
ゲンゴロウ 
2齢後期
適したゲンゴロウ:

適さないゲンゴロウ:

そーるわん(2008/09/27 22:12:21)    
ミズムシ
そーるわん(2008/09/27 22:13:13)  

ミズムシ
そーるわん(2008/09/27 22:13:35)  

 

概要:
成虫は体長約1センチ。湧き水の流れ込んだ泥地などで、うじゃって暮らす。雑食性。
春に孵化したものは秋までに成虫になり、秋に孵化したものは幼生のまま冬を越す。
何度かの脱皮を経て成虫になるが、成虫になる際にはダンゴムシのように体の半分ずつを脱皮させるので、タイミングがいいとツートーンカラーのミズムシに出会える。オスの方が大きく、メスはしょっちゅうオスに抱え込まれている。
動きが遅いので幼虫には捕えやすく、水も汚れにくいので、入手が簡単なら、もってこいのエサ。
 
そーるわん(2008/09/27 22:12:54)  
飼育・繁殖・保管方法:
自然下(主に止水域)
 
入手場所:

そーるわん(2008/09/27 22:05:13)  
コメント: 1/1
新規でコメント
コメントNo.10
タイトル: よく使います。
ハンドルネーム: しん(2008/11/23 21:27:04)
いろんなところでよくガサガサで取れます。とるたびゲンゴロウの餌だなーぁと思います。
主にクロゲンサイズの幼虫では1令~2令でミズムシを使います。水質悪化は早くないし大量に入手できるので扱いやすいです。しかし成長はそこまで早くないかなぁと思いました。
また繁殖を試みましたがどうも水槽ではガサガサでとれるほどうじゃりません。下手なのかもしれないですが。20頭もの幼虫をしっかり養うほどの量は確保できませんでした。
このコメントにレス
注目タグを貼る
非表示タグを貼る

注目7ポイント
注目1ポイント
上に戻る
 
 
 
No.29
通称:
ワラジムシ
正式名称:
ワラジムシ 
ゲンゴロウ属
クロゲンゴロウ 
2~3齢
最適なゲンゴロウ:

適したゲンゴロウ:

適さないゲンゴロウ:

POKKUN(2008/10/14 00:05:11)    
ワラジムシ
POKKUN(2008/10/14 00:07:00)  

ワラジムシ
そーるわん(2008/10/14 00:07:22)  

 

概要:
生きたまま幼虫飼育ケージに投入するだけ。

ダンゴムシの仲間ですが、丸まることがないワラジムシ。都会の庭先でも簡単に見つけられるため、採集餌としてはミズムシよりも手軽です。

水中でも普通に歩き回る特性があるので、溺れ死ぬこともないのが便利。まとまった数を短時間で採集出来るのも見逃せません。ただし農薬に汚染されている場所の個体(公園の街路樹付近とか)は気をつけた方がいいかもしれません。
 
POKKUN(2008/10/14 00:09:56)  
飼育・繁殖・保管方法:
湿らせた落ち葉などを入れて日の当たらない静かな場所で管理。
乾燥には特に弱いので気をつける。
ピートモスや腐葉土を湿らせてタッパーなどの気密性の高い容器に入れ、落ち葉や野菜の他、配合飼料や乾燥エビなどカルシウムを補うことの出来る餌を併用することで、繁殖は容易に出来るが、基本的に採集で十分数が確保出来るので必要はないと思われる。
 
POKKUN(2008/10/14 00:10:33)  
自然下(主に陸地)
 
入手場所:

POKKUN(2008/10/14 00:11:42)  
コメント: 1/1
新規でコメント
コメントNo.4
タイトル: 謝辞
ハンドルネーム: そーるわん(2008/10/14 00:15:04)
POKKUNさんがオープン前に試験投稿していただいたものを、そーるわんが代わって投稿させていただきました。
ありがとうございます!
このコメントにレス
注目タグを貼る
非表示タグを貼る

注目13ポイント
注目10ポイント
上に戻る
 
 
 
No.6
通称:
サシ
正式名称:
 
ゲンゴロウ属
クロゲンゴロウ 
2~3齢
ゲンゴロウ属
コガタノゲンゴロウ 
2~3齢
ゲンゴロウ属
ゲンゴロウ 
1齢~2齢初期
最適なゲンゴロウ:

ゲンゴロウ属
クロゲンゴロウ 
1齢
ゲンゴロウ属
コガタノゲンゴロウ 
1齢
コガムシ属
コガムシ 
3齢
適したゲンゴロウ:

ゲンゴロウ属
ヒメフチトリゲンゴロウ 
1齢
ゲンゴロウモドキ属
ゲンゴロウモドキ 
全齢
適さないゲンゴロウ:

そーるわん(2008/09/27 22:48:40)    
サシ
引用:
ゲンゴロウ
そーるわん(2008/09/27 22:50:43)  

サシ
引用:
ヒメフチトリゲンゴロウ
そーるわん(2008/09/27 22:50:13)  

 

概要:
ハエの幼生。うじ虫。魔女スープの素。釣り餌用として生餌が安価で市販されていますが、染色されていないものを選びましょう。抵抗がないひと、玄人向け。うっかりしていると壁面を登って脱出され、知らないうちにハエのブリーダーになります。保管もしっかりと、これだけはしっかりと冷蔵庫にいれておかないと夏場などはやはり数日で、知らないうちにハエのブリーダーになります。

アカムシとは逆に、どうやってゲンゴロウの消化液が被捕食者に放出されるかが、よく分かります。こればかり与えていると食が落ちる傾向があるように感じます。うまく他のエサと併用して与えた方がいいと思います。

また、脂肪過多により幼虫にカビ状のものが噴いたりすることもあります( 2番目の画像:最初にヨコエビ1匹、あとはサシのみふたつ食べたヒメフチ1齢中期がこんな。平気なコは平気なんですが )。特にゲンモ属には厳禁ですね。
 
そーるわん(2008/09/27 22:51:21)  
飼育・繁殖・保管方法:
店舗(ペットショップ、熱帯魚店)
 
入手場所:

そーるわん(2008/09/27 22:51:51)  
コメント:
新規でコメント
注目タグを貼る
非表示タグを貼る

注目10ポイント
注目7ポイント
上に戻る
 
 
 
No.30
通称:
アメリカザリガニ
正式名称:
 
最適なゲンゴロウ:

ゲンゴロウ属
ゲンゴロウ 
2齢後期~3齢
コガムシ属
エゾコガムシ 
3齢
適したゲンゴロウ:

適さないゲンゴロウ:

そーるわん(2009/05/04 23:51:36) <とし   
アメリカザリガニ
そーるわん(2009/05/04 23:50:21)  

 

概要:
ウシガエルの餌として、アメリカより輸入され、それが全国に広まったと言われている。
ゲンゴロウが繁殖し始める5月頃には、繁殖期に入りさまざまな大きさの個体を入手しやすく、ゲンゴロウ3齢では5㎝位の個体でも使用可能である。両腕のハサミを取り除いてから与えれば、他のエビと同様に与えることができる。
 
とし(2008/10/29 22:37:12)  
飼育・繁殖・保管方法:
自然下(主に止水域)
 
自然下(主に流水域)
 
入手場所:

とし(2008/10/29 22:37:59)  
コメント: 1/1
新規でコメント
コメントNo.9
タイトル: 手に入れやすい餌
ハンドルネーム: しん(2008/11/23 21:21:24)
個人的な感想としてはエビより使い勝手のよい印象を受けました。
サイズは1,2センチほどが手ごろでよいと思いました。(クロゲン、コガタノ、トビイロ)
水の汚染がやや早めなので食べカスはすぐに取り除きます。幼虫の成長速度はヤゴをあげたときよりは劣る印象を受けました。
大きめのザリガニは必ず腕をもいで与えています。よい場所ではガサガサで大量入手できます。試す価値ありかと。
このコメントにレス
注目タグを貼る
非表示タグを貼る

注目10ポイント
注目8ポイント
上に戻る
 
 
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [>] 
total access:  125402 Hit
 
 
 
    
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ゲンのエサメニュー
―使い方―
はじめに
通常版・練習版
―表示モード―
投稿・ 閲覧
―表示サイズ―
・ 中・
―並び順―
注目タグ新着50音・ みんなの注目タグ
―エサ表示数―
エサごと・ 5・ 1020
―表示レベル―
簡略・ 標準・ 詳細
  ―BAIT INDEX―

アカムシ  注目8  非表示2

ミズムシ  注目7  非表示1

ワラジムシ  注目13  非表示10

サシ  注目10  非表示7

アメリカザリガニ  注目10  非表示8

ヨコエビ  注目9  非表示8

ガガンボ  注目8  非表示7

ブドウムシ  注目8  非表示7

ヤナギムシ  注目8  非表示7

同じ穴の狢(むじな)  注目8  非表示8

メダカ  注目8  非表示8

イトメ  注目9  非表示9

カワゲラ  注目8  非表示8

カゲロウ  注目7  非表示7

冷凍ミジンコ  注目7  非表示7

ミジンコ  注目7  非表示7

アブラムシ  注目7  非表示7

巻貝(大)  注目7  非表示7

冷凍アカムシ  注目7  非表示7

ミルワーム  注目9  非表示10

小赤  注目8  非表示9

ヤゴ  注目7  非表示8

ブラシュリ  注目7  非表示8

巻貝(小)  注目7  非表示8

スジエビ  注目9  非表示11

フウセンムシ  注目7  非表示9

二枚貝  注目7  非表示9

おたま  注目7  非表示9

  バックリンクロゴ

トピックリンクロゴ
 
 
 
 
 
 
 
recommendation

Valid HTML 4.01 Transitional

開設マークロゴ